SEとしての仕事の範囲と流れについて

SEというとIT業界、システム開発での花形だと考えられていることが多いです。そのため、SEとして働きたいと考える人もまた多いものです。

それでは新人として入社してSEとして働き始めることについて少し説明します。

IT会社で新人からいきなりSEとして働くこともゼロではありませんが、通常は、最初はプログラマーとして働き始めることになります。いきなりSEとして働き始められることはまずないでしょう。

SEとして業務をこなすためには、プログラマーほどの知識は必要ないかもしれませんが(もちろんあった方が有利にはなります)、プログラミングについての知見は必ず必要となります。
ただし、SEというのはPGという業務のより概念的な業務となります。概念的な業務はPGからSE、SEからPMとなるにつれその傾向が強くなります。つまり、言語仕様にとらわれた考えではなく、より高度な視野から見た業務を進める必要があるのです。