ITエンジニア(SE・PG)の転職ITエンジニア(SE・PG)の転職Turbo

ITエンジニア(SE・PG)の転職Turbo

SEとしての仕事の範囲と流れについて

SEというとIT業界、システム開発での花形だと考えられていることが多いです。そのため、SEとして働きたいと考える人もまた多いものです。

それでは新人として入社してSEとして働き始めることについて少し説明します。

IT会社で新人からいきなりSEとして働くこともゼロではありませんが、通常は、最初はプログラマーとして働き始めることになります。いきなりSEとして働き始められることはまずないでしょう。

SEとして業務をこなすためには、プログラマーほどの知識は必要ないかもしれませんが(もちろんあった方が有利にはなります)、プログラミングについての知見は必ず必要となります。
ただし、SEというのはPGという業務のより概念的な業務となります。概念的な業務はPGからSE、SEからPMとなるにつれその傾向が強くなります。つまり、言語仕様にとらわれた考えではなく、より高度な視野から見た業務を進める必要があるのです。

自分でガリガリとコーディングをしていくというのはSEとしては行わないかもしれません。しかし、プログラマーから出来上がってきたコードを見て、その不具合箇所をチェックしたり、あるいは修正をしなければならないことはよくあります。

あるいは、テストで不具合が出た場合に逐一プログラマーに修正を依頼するよりも自分で修正をかける、あるいはあたりを付けた方がよいケースもあります。この辺りはプロジェクトの体制にもよりますが。

さて、プログラマーとしての経験を積み、SEとして活躍することになった場合、SEの中でも上流を担当する場合と、下流を担当する場合があります。下流となると、個々の部品にあたるモジュールを管理するなど、細部を担当することになります。その後経験を積んで来れば、全体を見渡しながら業務を取り仕切る上流の担当となります。

もちろん、プロジェクトのとりまとめとしてはPMがいますが、PMの指示を具体的に落としていくのはSEのスキルにかかってきます。
そう考えるとSEというのはプロジェクトを成功させるうえでとても重要な役目を担っていると言えますね。SE次第でプロジェクトがうまくいくかどうかが決まると言っても過言ではありません。

そしてプロジェクトをうまく進められるようなSEになれるように一歩ずつ進める職場を探しいてきたいのは言うまでもありません。⇒システムエンジニア 転職