ITエンジニア(SE・PG)の転職Turbo

ITエンジニア(SE・PG)の転職Turbo

SEとして働くのに資格を取っていた方がよいのか

SEとして働くうえで何か資格があるとよいのかと思うことがあるかもしれません。

例えばコンサルタントの業界ですが、通常、転職する時、資格の中でも有利だと思われているものに中小企業診断士があります。
中小企業診断士となることで、経営に関する知識を持っていることが認められるので、自分のことを会社にとって貴重な戦力であると認めさせることができます。法律をよく知る行政書士やお金に詳しいことを証明するファイナンシャルプランナーも、転職する際には有利でしょう。年収アップをさせたい、というものやエキサイティングな仕事がやりたいんだ!、との思いが強い人がいます。

そして大きな企業への技術者として転職を考えている方も多くなってきたのが最近の傾向です。システムエンジニアの転職をしたいのに全然成功しないというのなら、注意しましょう。
大事なのは落ちつくこと。そしてSEやPGの転職活動で失敗している理由を想像力を交え、これまでの経験から考え、効果的なのが一度気分転換すること。

それともう一つ、ただ大きな会社に転職することを夢見たとしてもまず採用されません。

そのため、自分は何ができてどういう職場でキャリアを磨いていくのかをありありとイメージしてください。超一流と言われる会社の採用を勝ち取るには運だけでなく、転職活動での戦略的なアクションと努力が大切です。対策として自分のキャリアを振り返り、働きたい、と思っているその職場がホントにそこで後悔はないのか考えない、というのはあり得ないです。

プログラマーの転職するときに求められる資格は、専門の仕事以外にはそれほど多くないようですが、所有している資格を有効に使って働くことができるということでは、やっぱり、国家資格が強いようです。特に、建築や土木関係では、建築士などに代表される「業務独占資格」と言われる、その資格を有していないと実際に働けないという仕事がたくさんあるため、狙い目となっているかもしれません。SEのSEやPGの転職をしようかなと考えた場合、まず、極めて身近な存在である家族に相談する人が多いでしょう。

家庭を持つ方でしたら、ご家族に相談をしないで勝手にプログラマーの転職をするのは止めておくべきでしょう。
家族に無断で転職すると、これが原因で離婚し、家庭崩壊に至る可能性なんかも出てきます。この辺、ご家族の方とよく話をして転職について進めることが大切になります。

あと言うまでもないことではありますが、さて、いざ面接に行く際は、ルックスに気をつかうことが重要で、無難な紺や黒のスーツ、ベルト・シューズ・カバンは派手でないもの腕時計を用意する、装飾品は身につけないなどです。こちらが考えているよりも目につくのが靴です。ブラックの革系の靴が無難ですが、ほこりがついていると人事担当者からの第一印象を悪くしますので面接に出発する前に点検しておくことですね。

関連記事