ITエンジニア(SE・PG)の転職Turbo

ITエンジニア(SE・PG)の転職Turbo

SEとしてキャリア採用で働く場合と新卒採用で働く場合

SEとしてキャリアと新卒の採用段階における志望したわけの大きな違いは新卒採用に対してプログラマーのSEやPGの転職者の採用ではこれまで体得してきたノウハウやスキルをどのように業務に活かすのかが重要なポイントであるという点です。

志望したわけを明記する場合のポイントは主に3つあり、今までの経験をどう活かすのか、志望動機と自己PRを混同しない、会社の強みや弱みを確認した上で書くことです。年収アップをさせたい、というものや今の仕事だと将来が不安だ、と考え、じゃあどうする?それならばと、転職を、それも有名企業の求人を実現させるためいろいろ調べている人もいます。あなただけではないのです。
中途入社として次の職場がFixしないというケースでは慌てると余計にひどくなります。

まず落ち着いてどういう理由で不採用となっているのかを想像力を交え、これまでの経験から考え、気持ちのハリを取り戻すようにしましょう。採用担当者からSEのエンジニアの転職者がよくきかれる質問というのは、どの企業もだいたい決まっていて、前の会社の退職理由について、「当社に応募した理由」じゃないでしょうか。

転職にもっていくレジュメの魅力的に書くコツですが、今まで働いていた会社でどのような仕事をしていたのか、どういった業績を残したかなど、冷静に判断してどのような効果を上げてきたのかをハッキリと書くことがコツです。どんな部署でどういう成果を出してきて、その結果、企業としてどういった成果が得られたのか、スキルが上達したなどの、記載をしっかり入れることで忙しい人事担当者の目に止まりやすくなるはずです。

エンジニアの中には、技術で勝負するのだから履歴書でアピールするのは不要だと考える人もいますが。それは意味が分かりません。面接をする人は技術のことが分からないかもしれませんし、応募者がどれだけできるかを判断するのはり歴所や経歴書でしかありません。

履歴書の仕上げ方がよくわからないという人もよく聞きますが、今ではインターネットで履歴書の書き方例の無難な例なども簡単に見ることができますから丸呑みするのではなく良い部分は参考にしてまず履歴書をつくってみるのも良い方法です。これまでいた会社名を書いて、この期間働きましたという簡便な記載方法では、採用試験にもかかわるであろうところの採用責任者にあなたがこれまでに経験してきた仕事を知ってもらうことが出来ないと思うのです。

つまりは会社を移るときには、まずは履歴書やレジュメでアピールをうまくすることが欠かせないのです。

関連記事